投稿者「bt2n0n1mAnxv9mXZf」のアーカイブ

サロン脱毛施術時の不快な点

Published / by bt2n0n1mAnxv9mXZf

ムダ毛の自己処理においての肌のダメージに限界を感じて、30を過ぎて初めて脱毛サロンに通った人間です。脱毛を決意するまでには、料金面の不安だったり、無理な勧誘などのネットで見たネガティブな情報への不安がありました。

はじめに受ける「無料カウンセリング」の際に、そういった無駄な不安をエステティシャンの人に質問したりできるようになっていたお蔭で早めに解消できましたが、実際の施術間際まで不安がぬぐえなかったのは「痛み」「熱さ」についての不安です。

「ほぼ心配ない」とはエステティシャンの人からも聞いていましたし、ネットの情報にもあったので安心はしていたものの、個人差があるとの前置きはあったのでやはり少し怖かったです。通い終わってみて言えるのは「痛みはほぼ全くない、熱さはあったかい程度」という事です。どちらも不快なレベルではないです。実際に体験してみて感じたのは(及びアドバイスとしては)脱毛用の機械の光はかなり眩しいので、終了後に目がチカチカするのが嫌ならば「しっかり目をつぶったほうが良い」という事。

機械の作動音がかなりうるさいので、そういったストレスに弱い人は覚悟した方がいいという事です。施術の時は汚れないようにキャミソールやローブを貸してくれるので、それに着替えて行うのですが、結構寒いので体調の悪い時は避けた方が無難だと思います。

ミュゼプラチナムで脱毛した生の体験談

Published / by bt2n0n1mAnxv9mXZf

私はミュゼプラチナムで脇の脱毛をしました。きっかけは学生時代バスケットボール部に所属していて、ユニフォームがタンクトップだったからです。もともと脇毛が少し濃い方でとてもコンプレックスに思っていましたし、試合のたびにユニフォームを着なければいけないので処理も大変でした。それに何年も自己処理を続けていたので毛が埋まってしまったり、皮膚が荒れたり、黒ずんできたりなど様々な支障も出ていました。

このままだとプレーに集中できないと思い、親に相談し脱毛に通い始めました。脇の脱毛は一年ほどかかりましたが、施術のたびに毛が抜けていき、次に生える頃には少しずつ薄くなっていきました。そして6回目の施術を終えたあたりから自己処理が不要になりました。

脇の脱毛をしたことでプレーに集中できるようになり、気持ちまで明るくなりました。その他にも、私生活では自分が好きな洋服を着れるようになりました。今まではタンクトップだけで外出なんて絶対できなかったし、袖の開きが大きいトップスなども避けていました が、そういった洋服も選べるようになったのでオシャレの幅が広がりました。

また、ミュゼプラチナムはお得なキャンペーンをたくさんやっているのも魅力的でした。脱毛というと値段が高いイメージがあったのですが、私は1000円で脇の脱毛ができましたし、その他のキャンペーンも学生でも少し頑張れば通える価格帯のものが多かったです。

私がサロン選びに求める基準

Published / by bt2n0n1mAnxv9mXZf

私は現在全身の脱毛を考えており、それに向けてサロン選びをしているところです。サロン選びの基準はいくつか考えられますが、私が重視するのは「きちんと料金体系を説明してくれるか?」と、「サービスが押しつけがましくないか?」の2点です。料金体系をきちんと説明してくれるか否かは、脱毛サロンに限らず当然のことだと思います。これがしっかり行われないと、最悪あとあと法的対立になりかねません。そこまで行くことは多くはないと思いますが、施術後になって事前に承知していなかった料金を請求されると、こちらとしても面白い話ではありません。もう一つは、サロンのサービスが押しつけがましいところや押し売りをしてくるようなところでは受けたくないということです。ネットの体験記などを読んでいると、新たなプランの加入をしつこく勧められたり、美容グッズを買わされそうになったりなどという話をよく見ます。当然ですが、こうした悪質商法まがいのサロンには関わりたくないものです。ただ、これらはいずれも実際にサロンに行ってみないと分からないことであり、サロンのホームページなどからだけでは判断できないのが実情です。ですので、初めて行ったサロンでは自分の納得がいくまでサロン側に説明を求めるのが基本です。いずれにせよ、トラブルがなく施術を受けたいものですね。

脱毛をするか迷ってしまう理由

Published / by bt2n0n1mAnxv9mXZf

わたしは、現在25歳ですが人生で一度も脱毛サロンに行ったことがありません。
理由は一つで、人前で肌を出すことにあまり慣れていないからです。
そもそもわたしは、肌が弱くアトピー性皮膚炎ももっています。
よく脱毛サロンのレビューなどをみるのですが、薬品に負けて肌荒れになったというような話もよく見かけます。普通の肌の人でなるのですから、アトピー性皮膚炎のわたしは、よりひどく症状が出るのではないかと心配です。また、アトピー性皮膚炎が原因で、あまり人前で半袖やスカートを着用したこともありません。あまり人に肌を見られたくないのです。しかし、毎日のようにカミソリやシェーバーで脇や手脚の毛は剃ります。それがまた、カミソリ負けをしてしまい荒れることもあるのです。ですので、脱毛ができるのであれば、毎日毛を剃らずにすむしカミソリ負けもしないと考えたのです。脱毛サロンで聞けば大丈夫ですよと言ってくれるのはわかっています。
とはいえ、担当のスタッフさんにも気を使わせかねないし、面倒だと思われてやられるのも気がひけるのです。市販の塗るだけで脱毛ができるというクリームを購入して見たこともありました。
しかし、案の定負けてしまい、脱毛されるまえに洗い流してしまいました。
人前で肌を出すこと、そして薬品負けすることが怖くて脱毛サロンにいく勇気が出ません。

医療脱毛の効果は抜群!でも痛みは悶絶級

Published / by bt2n0n1mAnxv9mXZf

私はずっとエステ脱毛のミュゼとTBCに通っていましたが、施術を始めて何年か経った頃、完全に毛を無くしたいと考えるようになり、医療脱毛へ変更する決意を固めました。ずっと脇とVIOと太もも一部をやっていましたが、エステ脱毛のため毛は薄く細くなったものの、無くなることはないので、完全に毛を無くすため踏み切りました。私の場合VIOという体の部位で1番痛みを感じやすい箇所があったので、こちらは絶対麻酔のあるクリニックにしようと決めていました。カウンセリングはリゼ、湘南美容外科、アリシアに行きましたね。色々とお話を聞いて、VIOは鼻から吸うタイプと塗る麻酔が併用出来るリゼに。脇と太もも一部は塗る麻酔があるアリシアに決めました。何故同じ場所でまとめて契約しなかったかというと、リゼはあらゆる待遇が良い分金額が1番高かったので(剃り残しがあっても0円対応、予約が取りやすい、麻酔の種類豊富等)、VIOのみとしました。脇と太もも一部は元々量が多くないので、痛み重視ではなく金額重視でアリシアにしました。湘南美容外科も金額的には良かったのですが、鼻から吸うタイプの麻酔しかなかったため、麻酔面で省きました(勧誘もなく店員の対応も良い上金額も安いので、痛みに強い方はお勧めです)。まずリゼのVIO照射の痛みと効果ですが、それはそれはエステ脱毛の何倍もの痛みがありました!麻酔併用にて受けましたがそれでも痛い。涙ものです。。。でも、痛みに耐え抜いた後に与えられる報酬(効果)も、エステ脱毛に比べて何倍もあります!痛みを例えるならば、エステ脱毛→バチッ!(針で刺される感覚)、医療脱毛→ギュー(掃除機で吸われるような感覚の後)、ジュッ!(アイロンで焼かれる感覚)といった感じですかね。クリニックごとの機械によって変わると思いますが、私が通ったサロンとクリニックの機械では、これが1番分かりやすい表現に思えます。次にアリシアの脇と太もも一部ですが、こちらは部位も部位なだけに、あまり痛みは無かったですね。でも、私の場合エステ脱毛後の照射のため、あまり参考にならないかもしれません。初回から医療脱毛の方であれば、結構痛みはある気がします。リゼとアリシアは同じ機械を使っているようなので、リゼのVIO照射を参考にして考えた時、結構痛いのかなと思います。どんなに痛くても早く毛が無くなる方が良いという方は、医療脱毛で麻酔使用にて頑張りましょう!痛みに弱い方であれば、エステ脱毛で様子を見てから、医療脱毛に踏み切るのも手だと思います。医療脱毛は本当に痛くてビックリすると思うので、段階を踏んで考えてみるのでも良いかと思います。